VCCWにphpMyAdminとwordmoveを載っけたVCCW-pwを作った

sshpassを入れ忘れていたので追加しました。
sudo yum install -y sshpass でsshpassがインストールできます。


さよならVVV

最近までVVVというWordPressをローカルで構築するものをカスタマイズして使っていたんですが、VVVのカスタマイズがあまりにも面倒くさくて、かつバグりやすいのでChefの勉強がてらVCCWに出戻りしました 。

VCCW is god

そしたらVCCWはまごうことなき神でした。僕の記憶に無いだけかもしれませんが、前まではWindowsで動かなかったり、Vagrantfile内でここまでできなかった気がしたので。これからWordPressを開発するのであれば離れられない気がします。プラグイン最初にインストールする設定が便利。

んで、VCCWをフォークし、個人的に欲しかったものをプラスしたVCCW-pwを作りました。

VCCW-pw

https://github.com/tanshio/vccw

おもむろにgit cloneしてディレクトリを移動しvagrant upすれば動きます。

VCCWにphpMyAdminを追加し、rubyのバージョンを上げ、wordmoveを入れただけです。
phpMyAdminはなんだかんだで便利。
wordmoveはページ追加などの更新作業の時にローカルに環境ごと取り込めるので便利。wordmoveのFTPだとバグりやすいのでlftpはインストールしてません。SSHを推奨。

以下のcookbookを使わせていただきました。

https://github.com/fnichol/chef-rbenv
https://github.com/fnichol/chef-ruby_build

あと、おまけでbrowsersyncを入れてあるのですが、プロキシのせいなのかロードに5秒ぐらいかかる。こういうものなのかな。

Chef便利

Chefは2年ぐらい前に触れてからアレルギー的な感じで拒否反応を起こしてましたが、触れざるを得ない事情で触れて勉強してみたらそんなに難しく感じませんでした。
自宅サーバーを構築したことある人だったらすぐ慣れそうな気がします。templateが便利すぎて唖然。多分Vagrantのおかげで簡単に思えたようにも思える。

まとめ

ぶっちゃけWordPressはいろいろあれな感じに思えてはいるのですけど、Web制作を生業とするとこれからも長い間離れようがない気がしてるので、できるだけサクサク環境を構築できるものを使って、さっさと終わらせたいもんです。
gitでデータベースも管理できたらそれだけでも楽なんですが\(^o^)/
(versionpressとrevisrに期待を込めて)

VCCWにphpMyAdminとwordmoveを載っけたVCCW-pwを作った」への5件のフィードバック

  1. schon

    はじめまして!
    VagrantでWPの開発環境を色々調べていて貴サイトを見つけました!

    vccw-pwをみて歓喜しました!!

    が、phpMyAdminへアクセスする方法がわかりませんでした。。。

    http://192.168.33.10/phpMyAdminではないのでしょうか?

    インストール時にvagrantfileの編集が必要ですか?

    変な質問で申し訳無いですが、教えて頂けると助かります。。。
    以上、よろしくお願い致します。

    返信
    1. tanshio 投稿作成者

      >>schonさん

      こんにちは。
      こちらの環境では、先ほどcloneしたあとvahrant upし、
      http://wordpress.local/phpmyadmin
      http://192.168.33.10/phpmyadmin
      どちらでもphpmyadminの管理画面に入れることを確認しました!

      どのような環境で動かしていますか?
      Windowsの場合であればもしかすると厳しいかもしれません。

      Macであれば、Vagrant、VirtualBoxが最新であるか、vagrant-hostsupdaterが入っているかを確認してみてください。
      よろしくお願いします。

      返信
  2. eb

    便利ですね。ありがとうございます!
    phpmyadminは私も初めつながらなかったのですが、
    vagrantを最新にアップデートしたらつながりました。

    browsersync使いたいけど遅いですね。。。
    とりあえずgulpはlivereloadにして使わせてもらってます。

    返信
    1. tanshio 投稿作成者

      >>ebさん
      ありがとうございます!
      browsersyncは仮想内で動かせば早いんですが、導入のハードルが若干高いのと説明が難しいのでやめました(笑)
      プロキシ通してもサクサク動いてくれれば言うことなしなんですけどね!

      返信
  3. tuck

    はじめまして!
    私もVCCWにphpMyAdminを追加したく、VCCW-pwを使わせていただこうと思ったのですが、vagrant upで下記のエラーが発生しました。現在は、レポジトリが変わっているようですが、ソース類にはどのように変更を加える必要があるでしょうか?

    The box 'chef/centos-6.5-i386' could not be found or could not be accessed in the remote catalog. If t his is a private box on HashiCorp's Atlas, please verify you're logged in via vagrant login. Also, please double-check the name. The expanded URL and error message are shown below: URL: ["https://atlas.hashicorp.com/chef/centos-6.5-i386"] Error: The requested URL returned error: 404 Not Found

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です